インドネシア小売起業家協会は、生産移民村(Decmigratif)プログラムをサポートする準備ができています

0
205

インドネシア小売業協会(Aprindo)は、マンパワー省が実施する生産移民村(Desmigratif)プログラムを支援する準備ができています。

Aprindoの会長であるRoy N. Mandey氏は、彼の党が、desmigratifの場所で優れた可能性のあるステープルの加工のトレーニングに参加したTKIとその家族からの加工製品の生産の販売を支援すると述べました。

Desmigratifは、故郷からの移民労働者のための保護プログラムです。 このプログラムの主な目標は、移民労働者、完全移民労働者、移民労働者の家族です。

一方、マンパワー大臣(Menaker)のHanif Dhakiriは、2017年の発売以来、Desmigratifは移民労働者/ TKI移民労働者の120の村で実施されていると述べました。 2018年には130の村が追加され、2019年には合計400の脱分化剤が予測されています。

Untuk itu, ia pun mengajak berbagai pihak untuk mendukung pengembangan program Desmigratif. Ia  berharap para pengusaha ritel yang tergabung dalam Aprindo dapat membantu pemasaran produk-produk dari Desmigratif.

“Dukungan dari para pengusaha ritel diharapkan dapat membantu peningkatan ekonomi dan kesejahteraan para TKI dan keluarganya yang tersebar di desa kantong-kantong TKI di Indonesia,” kta Hanif di Jakarta, Rabu (4/7/2018).

ハニフ氏はまた、政府はインドネシアの小売業を発展させ、雇用機会を拡大し、失業を減らすことができるようにインドネシアの成長と発展を図ることを約束していると述べた。 これまで、小売部門の総雇用は全国で154億XNUMX万人に達しました。

“Kita berharap industri ritel di Indonesia ini dapat terus bertahan, tumbuh, dan berkembang di era persaingan global,” pungkasnya.

 

返事を返す

あなたのコメントを入力してください!
あなたの名前をここに入力してください